東京平版株式会社
x Facebook

「ジャパンカラー認証」更新しました

 
こんにちは、製版課の堅持です。
今回は、「ジャパンカラー認証」更新完了のお知らせです。
弊社では、岩戸工場で、標準印刷認証とマッチング認証。
本社工場で、プルーフジェット(PJ-F1100AQ)でのプルーフ運用認証を取得運用しています。
今回、2年毎に訪れる更新手続きを完了し、審査の結果
認証基準に適合していると認められたため、「合格」判定を頂きました。
 
標準印刷認証として更新は7回目、
マッチング認証として更新は4回目、
プルーフジェット(PJ-F 1100AQ)でのプルーフ運用認証としては2回目、
の更新となります。
 
ジャパンカラー認証の副次的メリットとして、
3ヶ月毎に定期管理を必ず実施しなくてはいけないということがあります。
これは2年ごとの更新の際に提出するものに3ヶ月毎のデータが必要で、
その定期管理が、ドットゲイン値、トラッピング値の変動による色調変動などを確認する
大切なミッションになっています。
この定期管理を行わずに通常作業をしていたら、ブレ幅が大きい印刷物を出すことになるでしょう。
日々の管理はとても重要ですね。
 
公式ホームページによると、現在の認証工場数は
・標準印刷認証  197工場
・マッチング認証  43工場
・プルーフ運用認証   49工場
認証取得工場数は、新規での取得工場が少ないせいか最近はあまり増えていないようです。
弊社では、「ジャパンカラー認証」取得企業として、
高品質で安定した印刷物をつくるための取り組みをしております。
皆様に最高品質の印刷物をお届け出来るよう励んでおりますので、
こだわりの印刷物は是非東京平版へご依頼ください。

 

各認証についての詳細はこちら↓

ジャパンカラー認証制度

標準印刷認証

マッチング認証

プルーフ運用認証