東京平版株式会社
x Facebook

小さな小さな絵本

営業部の石川です。

今回は仕上がりが、65ミリ×88ミリと小さい上製本4冊を函にセットした
「ちいさなちいさなえほんばこ」をご紹介。

製函会社と製本会社との入念な打ち合わせのもとに、
精密な設計図をいただき製版から印刷まで協力させていただきました。

作者モーリス・センダックは1928年ニューヨークのブルックリンに生まれ、
コミックやウィンドーディスプレイの仕事をした後、子どもの本の作家・画家となり、
数々の絵本賞を獲得しています。
名実ともに世界の絵本の第一人者として活躍された作者の絵本です。

 

内容は

「ピエールとライオン」
だれが何を言っても、「ぼくしらない」としか言わないピエール。
その強情さにお母さんもお父さんもあきれ果て、ピエールをおいて出かけたところ、
留守中にやってきたライオンが、ピエールをのみこんでしまいます!

「チキンスープライスいり」
1月から12月まで、お米を入れたチキンスープはいつだって最高においしい。
それぞれの月の楽しみ方と、季節の移り変わりを、リズミカルな文章とゆかいな絵で送ります。

「ジョニーのかぞえうた」
のんびりとひとり暮らしをしていたジョニーのところへ、
ネズミ、猫、犬、カメ、サル……と、次々にお客がやってきます。
部屋がいっぱいになって困ったジョニーは、こんどは数を逆さに数えます。
ゆかいな数え唄絵本。

「アメリカワニです、こんにちは」
ワニの一家が、AからZまでのアルファベットの一つ一つを、
ゆかいなパフォーマンスで見せてゆきます。
英語がまだわからない小さい人たちにも楽しめるABC入門の絵本です。

 

この4冊が豆本になって、かわいい函に入りました。

小さなお子さんにも大人にも人気があります。
プレゼントにいかがでしょうか。

▶︎▶︎『ちいさなちいさなえほんばこ』のご購入はこちらから
※冨山房様のウェブサイトへ移動します