東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

今まで気にもしませんでした。

みなさん、こんにちは。営業部、主田です。

もう9月の下旬を迎えようとしています。

どんどん涼しくなっていて、夏が好きな僕にとっては寂しい限りです。

 

唐突ですが、僕はサッカーが好きです!!!

ということで、先週末にサッカー観戦をしてきました。

FC東京 VS ベガルタ仙台です。

僕が応援するのはFC東京。

はじめてサッカー観戦をしたのがこのチームで、それからずっと応援しています。

もう20年近くファンでいます。

ですが、タイミングが合わず長い間観戦するという機会がありませんでした。

なので、味スタに本拠地が移動してからは初めての観戦です。スタジアムがデカいです!!!

結果は1-0での勝利!!最後の最後でピンチがありましたが結果オーライです。

いやぁー良かったです。

久しぶりに、選手を近くで見て、サポーターの応援を聞き、たくさんを肌で感じることが出来ました。

やっぱり家で見ているより断然おもしろいですね。

 

観戦と言えばチケットは不可欠ですよね?

チケットの多くは(商品券等もですが)コピー防止の工夫がされているのをご存知ですか?

シリアル番号があるもの等、複製されては困るものばかりですよね。

ですので、いろんな工夫をしています。

・チケット自体に情報を持たせ、機械で読み取るもの。

・通常印刷用インキ(CMYK)ではなく、特色で印刷するもの。

・コピーをした際に文字が浮き出るようにするもの。

等々。。。

 

今回のブログでは、「コピーした際に文字が浮き出るもの」を紹介したいと思います。

実際に弊社で作業したものがありました。

普段の状態で見てみると・・・

写真だと、なんとなく分かってしまいますが、

現物をみるともう少しグレーでカモフラージュされています。本当です!!!

それをコピーしてみると・・・

こんな感じで「無効」の文字が浮き出てきます。

作業の際には何度もテストを繰り返したそうです。

難しい案件だったそうですよ。

原理としては、文字と文字の周りの線数(印刷時の目の細かさ)を変えるというものです。

今回の写真のものは、文字の線数を粗く、周りを細かくしています

それをすることにより、コピー機に通した時に線数が粗いものは再現されますが、

細かいものは再現されないということを利用しています。

 

たかが、紙1枚ですが普段目にするものの中にもいろいろな知識が詰まっているなと実感します。

 

僕は主に製版を中心として営業をしていますが、

このような案件を取り扱ったことがありませんでした。

お客様からの問い合わせから、知ることが出来たのですが、

オペレーターに聞くとすぐに回答が出ました。

知識を深める良い機会になりました。

僕個人の知識は多くないですが、オペレーターと協力し、

解決する方法がきっとあると思いますので、

まずはご相談いただければと思います。

 

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)