東京平版株式会社
Facebook twitter

name=type1%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2588%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25B5%25E3%2583%259D%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E7%25B5%2582%25E4%25BA%2586

Type1フォントのサポート終了

Type1フォント のサポート終了の案内です。   https://helpx.adobe.com/jp/fonts/kb/postscript-type-1-fonts-end-of-support.html   Type1フォントはPostScriptの文字描画を効率よくコンパクトにしたプログラムによって 作られたフォントです。 DTPで用いられる欧文でOpenType以前のPostScriptフォントは、 ほとんどがType1フォントです。 MAC OS9、MAC OSXどちらでも使用する事ができるため、 今でも普通に使用されています。 これのサポート終了は製版業務上とても重要なできごとです。       これから新しくデータを作成する際はOpenTypeフォントを使用するようにすれば問題ないでしょう。 しかし製版業務上、過去のデータを扱うときが多々あります。 Type1フォントが、使用するアプリケーションで認識しなくなればOpenTypeフォントに 置き換えをしない場合、形が似たフォントを探し置き換えしなくてはいけません 置き換えした時フォントの詰めなど変わってしまう為、文字間や文字送りなどが変わり、レイアウトが崩れてしまう可能性があります。     デジタル業界の進歩は凄まじく、新しいパソコン・アプリケーション・フォントと その進化は加速するばかりです。 私たちは、最新へも対応しつつ、過去のデータを扱う為に 古い環境(パソコンや旧バージョンのアプリケーション)も大切にしています。 お客様のつくったものを正確に、そして美しく印刷するために、 東京平版ではこれからも新旧どちらのデータにもしっかりと対応していきます。]]>

同じテーマの記事