東京平版株式会社
Facebook twitter

Adobe Creative Cloud 2022 新機能

こんにちは 製版課 渡辺です

あっという間に年の瀬… クリスマスも終わり今年も残りわずかです。
冷え込みも厳しくなってきましたので、皆さん風邪にはお気をつけください。
せっかくのお正月が台無しになってしまいますので…

さて、この時期の風物詩といえば「全国高校サッカー選手権大会」!(私的ですが)
12月28日からの開幕となります。

今年は第100回大会で第92回以来となりますが、
準決勝と決勝の舞台が国立競技場に戻ってきます(やっと!)。
久しぶりの国立のピッチで決勝戦(1月10日)を戦うのは何処のチームか!?
今からとても楽しみです。

 

ということで? 今回は11月にリリースになった
Adobe Creative Cloud 2022から、
Adobe InDesign2022とAdobe Illustrator CC 2022の追加機能を少し紹介します。

 

1. Adobe InDesign2022から

製版作業をしていると入稿データから訂正を行う場合があります。
例えば、InDesignで張り込みしている画像やPDFの指定部分の色にアミ%を揃えるとか、
画像に入っている文字に似た書体で文章を打ち込みしてくください、などです。
今まではLinkしてある画像やPDFを他のアプリケーションで開いて調べていましたが、
今回のバージョンからオブジェクトメニューに【画像から抽出】と言う機能が追加されました。

この機能を使えばInDesign上で文字の部分を選択すれば
Adobe Fontの中から似た書体を探してくれます。(現在は欧文だけ)

また色の関してもターゲット部分にカーソルを持っていけば
色を抽出して右下のCCライブラリー保存を押せばスウォッチに追加してくれます

この機能を使って作業すれば、時短=作業効率UPにつながるかもしれません。
ぜひ活用してみてください。

 

2.Adobe Illustrator CC 2022

Illustratorで作業をしていてあまり使わないツールの場所を探すのに手間をとられていませんか?
今回、Illustratorではビギナー向けに もっと知るパネル が追加されました。
右上の虫眼鏡アイコンをクリックすると【もっと知る】パネルが出てきます。

使いたいツール名を検索窓に入力するとツールの場所を教えてくれます。

他には3D効果の強化や文字ツールの「山路を登りながら」問題!?の解消などが新機能としてあげられます。
山路問題… デザイン・制作で結構恐ろしい問題でしたが、環境設定で出ないように設定できるようになりました。
これで一安心ですね!

まだ全てを把握したわけではありませんが、他にも使える機能があればまた紹介したいと思います。

 

今日が今年最後のブログ更新となります。
みなさま良いお年をお迎えください。