東京平版株式会社
Facebook twitter

21世紀初頭(夏)…

こんにちは・・・
営業部の岡本です。

いや~!9月に入り残暑が厳しい夏も終わり、一気に秋の気配が近づきましたね・・・
気温も急に下がり、涼しいを越えて寒いぐらいです。

まあ、コロナ禍で何処にも出かけられない寂しい夏休みでしたが、
近所を探索していたのでちょっとその様子を写真で・・・

 

近所のひまわり畑

近所の松並木

お気に入りのカフェ・・・

と言うような感じで、のんびりとしたものでした。

 

それでもって、後は終始メディア三昧!
一通り映画も観つくしてしまって、
30年も40年も前の映画を観賞した次第です・・・
そこで、お気に入りの映画を1本ご紹介!

【ブレードランナー】(1983年公開)っていう近未来の映画なんだけど、
学生時代からもう何回同じの観てるか???
時は2019年11月のロサンゼルス!
まあ、細かいストーリーのことは別として、
主演は若きハリソン・フォードで、ダサいけどカッコイイです!
空飛ぶ車「スピナー」やアンドロイドの「レプリカント」が出てきたり、
街は酸性雨で汚染されてたりと、
今の2021年とは感じが大分違う近未来なんだよね? 結果的には・・・

でもね!

映画の中には、インターネットみたいな通信回線の演出もないし、
スマホやタブやLEDもありません! 実は、今の方が進んでいるのかな???
何だか、雑然とした街の様子からみると、
映画の中では印刷物や紙がたくさん使われているよう様子だったり…
主人公も新聞読んでます(笑)

 

そんな感じなわけですけど、現実(現在)は厳しい~!
我々印刷・出版関連や用紙業界は日に日に、
インターネットや電子媒体にとってかわられてしまうから、
先日も、日本製紙の釧路工場が8月16日も持って閉鎖されました・・・

新聞巻取りが主体の工場でしたが、
やっぱり新聞も各社発行部数が激減しているから、用紙の生産工場も持たないですよね・・・
釧路は北海道の中でも人口の減少が他の都市に比べて多いらしいから、
基幹産業の製紙工場が閉鎖されるのは町としても相当痛手だと思います。

とりあえず当分は産業構造が変わるような大変な状況が続きそうなので、
自分が出来ることをコツコツ頑張ろうと思います!(笑)

ではでは、皆さん次回のブログで( ^ω^)・・・