東京平版株式会社
x Facebook

感銘を受けた言葉「スティーブ・ジョブズ 〜伝説のスピーチ〜」2/3

こんにちは。デザイナーの福原です。
前回に引き続き、スティーブ・ジョブズのスピーチの2つめの話を紹介させていただきます。
Appleとデザイナーとは切っても切れない関係ですが、Apple社の生み出す製品は、職種の垣根を越えて、一般ユーザーを獲得しつづけています。

私はAppleの製品が人々に愛される理由は、作り手側ではなく、使い手側のことをとことんまで考え抜いているからではないかと思っています。
レスポンス、説明書の必要ない直感的な操作感、気持ちのよい挙動。
他にもすばらしい企業はあると思いますが、“見ているところ”が違うように常々感じていました。
そんな企業体質がつくられた理由が、2つ目の話にあるように感じられます。

 


 

2つめの話は、「愛と敗北」についての話です。
自分が何をしたいのか人生の早い段階で見つけることができたことは幸運でした。
実家のガレージで友人ウォズとApple社を創業したのは、私が20歳のときでした。

私たちは懸命に働き、10年間でアップルは、たった2人だけの会社から
4000人以上の従業員を抱える20億ドルを誇る大企業に成長しました。
我々は最高傑作であるマッキントッシュを創立の9年後に発売し、次の年に私は30歳になりました。
そこで私はクビになりました。

自分が始めた会社をクビになるなんて不思議ですが、こういうことなんです。

私はAppleの成長にしたがって、有能だと思った人物を招き、重役に置いたのです。
初めは上手くいきましたが、将来へのビジョンが食い違い、分裂するようになりました。
その時に取締役会は彼に味方し、私は30歳にして会社を去りました。とても有名な失業でした。
人生の焦点だったものが消え、絶望しました。

 

はじめの数ヶ月は途方に暮れました。
この分野の先人たちの期待に添えず渡されたバトンを落としてしまったと感じました。
私はデビッド・パッカードやボブ・ノイスに会い、台無しにしたことを詫びようとしました。
私の失業は有名だったので、シリコンバレーから逃げようかとも思いました。
しかし徐々にあることに気が付きました。

 

自分の仕事をまだ好きだったのです。

 

Appleを退職しても、その愛は少しも変わりませんでした。
追い出されはしましたが、まだ愛していたのです。
だから再出発することにしました。

その時は分かりませんでしたが、Appleからの追放は人生で最良の出来事でした。

 

成功者としての重圧が初心者の気軽さに変わりました。

自信は失いましたが、最もクリエイティブな人生へ導かれました。

5年間のうちにNeXT社とPixar社を立ち上げ、そして後に妻となる素晴らしい女性に出会いました。
Pixarは世界初のCGアニメである「Toy Story」で成功し、世界最高のアニメスタジオとなりました。

Pixerロゴ

そして意外なことに、AppleがNeXTを買収したのです!
私はAppleに戻り、NeXTで培った技術はApple再建を支えることになりました。
そしてロリーンと私は幸せな家庭を築いています。

ジョブズ夫妻

ずっとAppleにいたのなら、絶対にどれも起こらなかったでしょう。
とても苦い薬でしたが、私には必要だったんでしょうね。

 

人生には頭をレンガで殴られる時があります。しかし信念を失わないこと。
私がここまで続けてこれたのは、
自分がやってきたことを愛しているからということに他なりません。
君たちも自分が好きなことを見つけなければなりません。

それは仕事でも恋愛でも同じこと。
これから仕事が人生の大きな割合を占めるのだから、
本当に満足を得たいのであれば進む道はただひとつ、
それは自分が素晴らしいと信じる仕事をやること。

 

さらに素晴らしい仕事をしたければ、
好きなことを仕事にすること。

 

もし見つからないなら探し続けること。落ち着かないこと。
心の問題と同じで、見つかったときに分かるものですし、
愛する仕事というのは、素晴らしい人間関係と同じで、
年を重ねるごとに自分を高めてくれるものです。

 

ですから探し続けましょう! 落ち着くことなく。

 

 

▶︎次回