東京平版株式会社
x Facebook

メンテナンス

これで2回目の投稿になる製版課、渡辺です。
今回は製版課の機器の定期管理を少し紹介したいと思います。

人は健康診断、車は車検など定期的に検査を行い
治療や修理をする事で安定した生活が送れます。

製版課のフロアーにも様々な出力機器があり定期的に
管理を行い安定した出力物を供給しています。

 

 

今回はカラーレーザープリンターの管理を紹介します。

設置時、販売元のエンジニアの方が機械の調整をした後ターゲットに合わせる為に
プロファイルを作成し色調を合わせ込み運用を開始します。

基本的には、色のトナーは同じ、紙も同じ物を使っていれば機械の状態が変化しなければ
安定した色調でプリント出来ますが、機械の状態は日々変化していきます。

初期の色調を保つには定期的なキャリブレーション作業が必要になって来ます。

 

1. 最初に規定のカラーチャートを出力します。(検査)

 

 

2. 出力されたチャートを専用トレイにセットしてi1PRO2を使って1列ずつスライドし計5列を計測します。(治療)

 

3. 測色終了後、保存して機械に認識させてキャリブレーションは終了です。(完治)

 

この作業を怠ると安定した色調が維持出来ません。

 

東京平版では、全ての機器を定期的にメンテナンスし安定した品質を
提供しています。