東京平版株式会社
Facebook twitter

デジタル処理偽造防止

製版課 渡辺です。

東京オリンピックもあっという間に終わってしまいましたね!
今回のオリンピックは、コロナの影響で無観客になり、
東京都は緊急事態宣言発令… どうなる事と思いましたが、
結果やってよかったと感じました。
また自分の人生の中でこれほど沢山の競技を観戦(TV)したオリンピックは初めてです。
休日外出を控えた事もあり、1日中テレビの前で観戦した日もあります。
また、オリンピックにこんなに沢山の競技がある事にも驚きました。

日本のメダルの数も過去最多!
選手の皆さん本当にお疲れ様でした。
また沢山の感動をありがとう!

 

ここから技術紹介です。
最近偽造防止のデジタル加工に関わる業務がありました。

 

印刷時              印刷物をコピー機でコピーした結果

 

偽造防止の加工がされた用紙がありますが、今回はデジタル処理で加工して作成しております。
データ上でアミを敷き、その上にCOPYの文字を別に作り乗せています。
今回は下記の様にバックは平アミで文字は線で作りました、アミの%や線の太さなどを調整して
テストを繰り返し印刷時目立たなく、コピーすると文字が浮き出る組み合わせを決定しています。

 

市販の偽造防止用紙は決まった紙を使わなければならず、種類もあまり無いですが、
デジタル処理で作れば、どんな用紙にも印刷可能です。

もしこの様な偽造防止処理を入れたい印刷物があれば
是非東京平版にご相談ください!

〈東京平版 お問い合わせ〉
https://tokyoheihan.co.jp/contact/