東京平版株式会社
Facebook twitter

まだ現役! 製版フィルム

こんにちは、製版課の渡辺です 4月になり、桜の花も散り始めましたがまだ肌寒い日々が続いています。 今回はまだまだ現役のフィルム出力機と自動現像機を紹介します。   15年前位まで主流だった製版フィルム。 いまでは全盛期の10分の1以下ぐらいしか需要がありません。 しかし、今でもシルク印刷の版や箔版、フィルムの印刷原稿の訂正など、 必要とされる場合があります。 弊社でも、いまだにフィルムの出力機と自動現像機を保有しております。   〔弊社の設備〕 ・フィルム出力機  GENASET 6120(SCREEN製) ・自動現像機  LD-M1090(SCREEN製) ・フィルム/現像・定着液(AGFA)       〔日常管理〕 ・黒のベタ濃度は、毎日チェック ・網点%の確認は3ヶ月に1度 ・水洗のタンクの清掃は1週間に一度 ・現像、定着の清掃は年4回    チャート    測定機     今まで年末に1日かけて自動現像機の洗浄を自分たちで行っていましたが、 今年から専門業者に依頼するようにしました。 感動です! 3時間ほどで洗浄が終わり、 自分たちで洗浄していた時よりも綺麗になり、 不備のある部品の交換も含め丁寧に作業をしていただきました。       もう少しフィルムの需要は続くと思うので、 できる限り長くお客様のご要望にお答えできるよう 今まで以上に大切に使用していきたいと思います。   もしフィルムの出力でお困りの際は、ぜひ東京平版へご相談下さい。 フィルムのデータ化サービスも行なっておりますので そちらも是非ご相談ください!  〔フィルムデータ化サービス〕