東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

新年と「おみくじ」

 

 

 

 

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

東京平版のデザイナー、藤井でございます。

いよいよ2020年、オリンピックイヤーの幕開けですね。

新年といえば初詣。初詣といえばおみくじ。

 

そんな訳で今回のテーマはおみくじにしました。

私は占いなどは苦手なのですが、

初詣のおみくじだけは大好きなのです。

ちなみに今年は「末凶」でした(笑)

 

まずおみくじの順番のおさらいですが、基本は以下の通りです。

大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶

特に吉と中吉の順番が分かりづらいですね。

また神社によっても順番が異なる場合があるので、注意が必要です。

 

あと、おみくじの意味の部分は「?」な項目もありますよね。

それもおさらいしてみましょう。

「待ち人」

いや、特に誰も待っていないんですが……と思う方は大間違い。

これは「人生を良い方向に導いてくれる人」という意味です。

「縁談」と「恋愛」

この二つは重複しているように思いがちですが、

「縁談」は結婚に関する事、「恋愛」は文字通り恋愛の事なんです。

 

おみくじは

「結ぶ派」ですか、「持ち帰る派」ですか?

私は持ち帰る派です。大凶でも持ち帰ります。

初詣のおみくじの内容って、四月ごろには殆ど覚えていないと思います。

ふとした時に読み返してみると、行動の指針になる場合もあるかもしれません。

とは言え、おみくじの結果に縛られるのもどうかと思います。

 

1000年の歴史を持つおみくじは、

私たちの文化の一つ。大切にしていきましょう。

ではまた。