東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

初個展の図録を制作しました。

営業部の石川です。

今回は、うるし作家の図録制作の話です。

この度、輪島の漆工房で育った若手作家、山田勘太先生が

始めて個展を開催する事になりました。

その作品を紹介する図録のデザインから印刷までに

携わらさせていただきました。

 

「漆」は、古くから芸術的にも、技術的にも、

日本国内で高度の発達をしてきた文化のひとつであり、

世界に誇れる日本工芸の代表と言えます。

 

そんなすばらしい作品を際立たせる為にシンプルにデザインし、

そしてB5冊子という小さい面積の中で、沢山の作品を紹介する為に

高細線印刷を用い、作品細部の再現を重視しました。

 

 

通常印刷と質感再現が違うのを
ホームページでお見せできないのが、残念です。

 

 

 

280線印刷

※印刷線数が高ければ高いほど写真を表す一つの網点が小さくなり、
より精密に絵柄の細部を表現することができ、
きめ細かいクオリティの高い印刷物になります。

 

新世代の新鮮な感覚で制作された作品が並びますので、

「漆」のぬくもりのある優しさを、

あたらしい器を通してこの機会に感じて下さい。

先生の今後の制作活動に期待しております。

 

 

「山田勘太展」

2019年5月29日より6月4日まで

西武池袋本店6階アートギャラリーにて一般に公開されます。

2019年6月14日より16日まで

グランドプリンスホテル高輪にて開催

 

 

東京平版では、若手作家の健全な発展に
少しでも印刷会社として寄与できればと思っております。