東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

クリエーターの祭典!「Adobe MAX Japan 2018」に行ってきました

こんにちは、製版課 堅持です

もうすぐ、師走ということもあり、かなり冷え込んできましたね

体調を崩さないように気をつけなくてはいけませんね

 


 

今回は、11月20日にパシフィコ横浜で行われた

Adobe MAX Japan 2018

に行って来ましたのでその報告です

 

 

Adobe Max Japanは、
最新のクリエイティブクラウドの発表と新機能のTipsや解説などが紹介され

本家アメリカ・ロスアンジェルス MAXに続いて行われる、
アドビ最大のクリエイティブイベントです

 

 

イベントは事前登録制で行われ、
様々なセッションやワークショップが開かれました

大変嬉しいことに、本家の参加費用が三日間で$1,595(約18万円)のところ、
日本では一日限りですが無料!開催されています。

 

 

 

テーマはACCERATE(高速化)LEBERATE (解放)DRIVE(接続)でした

 

 

 

今回もアドビの機械学習機能であるAdobe Senseiの進化に注目です

 

 

 

iPadやiPhoneを使った制作や、クラウドストレージを使ったアプリケーション間の連係、
AR(拡張現実)などの新しいメディアの紹介がありました。

 

 

詳しい内容は。それぞれのLinkを貼っていますので参考にしてください

 

 

「Adobe MAX Japan 2018」デザイン関連、新機能紹介動画  Link

 

 PhotoshopCC2019  新機能の紹介HP Link

IllustratorCC2019  新機能の紹介HP Link

InDesignCC2019 新機能の紹介HP Link

 

 

 

「Adobe MAX Japan 2018」Next Generation (2019年リリース予定のアプリの紹介)動画 Link

 

 iPad版 Photo Shop

 

アップルとアドビのコラボレーションで実現したフルスペックの iPad版 Photo Shop

 

Project Gemini Link

 

iPadプロとアップルペンシルを使って、多彩な表現を実現するペイントソフト

 

Project Aero Link

 

AR(拡張現実)オーサリングツール

 

 

「Adobe MAX Japan 2018」Sneeks(現在開発中のこれから搭載されかもしれない機能の紹介

 

 

写真に動きをつけ動画再生を可能にする機能  Moving Stills 動画 Link

街角にある落書きペイント文字を再現する機能 Graffitype 動画 Link

カスタマイズした、自作フォントを作成する機能 FontPhoria 動画Link

動きのある被写体を追跡編集する機能  Project Smooth oprator 動画 Link

動画における被写体をキリヌキマスク作成する機能、
動画版コンテンツに応じる塗りつぶしを併用した
見ごたえのある動画になっています        Project Fast Mask 動画 Link

 


 

要約になりますが以上が「Adobe MAX Japan 2018」に行った報告になります

時間を忘れて、イベント開始から最後まで12時間近く、会場にいたので疲れましたが

楽しい充実した一日になりました

来年も是非、参加したいと思います

 

 

 

イベントの締めは、BEER BASHで乾杯です

 

 

私も、アドビオリジナルカクテルで乾杯!

 

 

会場を出たときに見えたコスモクロック

 

 

それでは、また次回まで (*^^*)