東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

美しい Book

こんにちは、D-room山岸です。
緊張感のある日々が続きますが、
みなさまくれぐれもお身体には十分気をつけてお過ごしください。

 

今回は、趣味の読書(本)について紹介しようと思います。
自宅にいる時間が増え、資料探しも自分の本を見ることが多くなりました。

 

私は読書も好きですが、本自体も好きで、
装丁が美しい(自分好みの)本があると、
物としての美しさに惹かれて買ってしまいます。
全く知らないジャンルのものは、
内容と装丁のデザインの相応を見て、
新鮮な気持ちになります。

 

画集などは、
1ページ1ページに色彩が現れる中に、
大きな余白のページが織り込まれ、
贅沢に紙面が使われているところ、

観音開きにページが折り込まれていたり、
本の向きを変えて、見ること読むことは
手の中であっても、
臨場感があり、

自分がページをめくって、
視線を変化させながら、

本の中の空間を
漂える心地よさを感じて癒されます。

 

決まったサイズの本の大きさの中に、
内容と相応した、
実際のサイズよりも大きなスケール感や繊細な素材感など、
感覚を意識するものが織り込まれているような
本ならではのリアルが魅力的です。

 

私も見ていただく方の五感の何かに引っかかるような
そんなデザインができるよう頑張ります!

 

 

先日、中町図書館さんの
「中学生と先生のオススメの本」vol.5の装丁のデザインをさせて頂きました。
表紙は中学生の作品の原画を元にしたデザインです。
読者のイメージが広がる本の世界をテーマに、
また、冊子自体が「楽しい本」になるよう心がけました。
中町図書館さんと弊社1FD-room 前にて配布しております。

 

 

 

 

 

同じテーマの記事