東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

夜の美術館のススメ

こんにちはメディアコンテンツ部 山岸です。 
昨日から九月になりました。
日に日に秋に近づいていきます。
秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、〇〇の秋・・・
芸術の秋ということで、 美術館のおすすめの過ごし方を紹介します。 


夜の美術館です。



最近は、金曜土曜に夜九時くらいまで、開館している美術館が増えています。 
展示や会期にもよりますが、
空いている事が多く、 

広い空間に自分と作品だけ。

という、スペシャルな状況が訪れることがあります。
存分に一対一で作品と向き合え、物理的に独り占め出来る。


美術好きにとっては、この上なく、贅沢な時間です。



先日は、六本木の新国立美術館で開催中の
「話しているのは誰?現代美術に潜む文学ー」
の展示に行ってきました。
現代美術は、絵画鑑賞とは少し違う部分もあり、
現実的な問題を直接的にテーマにしていたり 
見た目以外の要素に美しさを感じたり、未知の部分があり、
その場では理解出来ない部分があると感じますが、

これから秋も深まってゆく夕暮れ時から、
作品にじっくり向き合い、あれこれ考えるのも、
この時期ぴったりの過ごし方のような気がしました。
 
あれこれ真剣に(笑)作品について考えながら
美術館を出たあとの、
夏の暖かさが、美術館内の涼しさに対してここちよく、
なんだかほっとしました。


季節が移り変わる時分の「夜の美術館」、
けっこうオススメです。




 

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)