東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

最新MacOS 10.15 Catalinaで動かなくなるアプリは何!?

こんにちは、製版課の堅持です

今回は、10月リリース予定の、MacOS最新版10.15 Catalina についての情報です

 

名前の由来となった、南カルフォルニアのリゾートアイランド [サンタカタリナ島] 

 

二年前にリリースした、10.13 High Sierra の時から予告アナウンスされていましたが

10.15 Catalinaからは、64bitアプリケーション専用のOSになります

32bitアプリケーションは今後、起動しなくなりますので注意が必要です

 

 

私のMacで使えなくなってしまうアプリケーションをチェックしてみました

ファイルメニュー → このMacについてから → 「システムレポート」をクリックします

 

メニューの左側にある      「レガシーソフトウエアー」を   クリックして右側に表示されたものが非対応のアプリケーションになります私の場合21個のアプリケーションが使えなくなりそうです

 

DVD作成ソフトのToast 16は、使えません。Ver17以上が必須のようです

 

Adobeアプリケーションもインストーラーが32bitアプリケーションのため新規インストールする場合に影響を受けそうです

 

USBドングルSeintinel HASP]も非対応ですね(困ったなぁ)

 

Macの場合、購入時にインストールしてあったOSのバージョンからの
ダウングレードは原則できないので、32bitアプリケーションをまだ使い続けたい場合は、
Mac購入を急いだ方がいいかもしれませんね

 

 

MacOSは、無駄な贅肉を落とすことにより非常に軽快に動くOSですが、
過去の資産(アプリケーション)が使えなくなってしまうのは寂しいですね

 

 

今後の弊社の対応ですが、暫くは、10.14 Mojave までの対応で
周りの動向を見てからの
10.15 Catalina対応になると思います

 

また最新の対応状況について、ご不明な点が御座いましたら、
弊社までご相談ください