東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

現在の普門館・・・

暖冬とは言え、インフルエンザが猛威を振るった2月も終わり。

随所で春の息吹を感じらる、3月も早くも11日。

「暑さ寒さも彼岸まで!」とは良く言った物でして桜の開花を待ち望む

今回ブログを担当する、営業部の竹内です。

 

当ウェブにて本橋さんの回にて、昨年紹介致した。

吹奏楽の聖地 普門館。

取り壊しの旨お伝えしましたが、未だ解体工事は始まってはおらず、

周囲を囲っているのが現状です。

自分の得意先の近所なので、打ち合わせの際に少し時間が取れましたので

現在の状況を撮影して参りました。

 

 

大型クレーンの設置も完了し、フェンスの囲い込みを待つのみ・・・

解体工事が始まるのかと思うと胸が痛くなります。

実は、自分も吹奏楽のファンでして…

と言っても自分の場合は小学生の時(1970年代後半から1980年代前半)テレビ観戦していた

夏の高校野球の応援を聴いて魅了されたのですが。

 

PL学園・ヴィクトリー、天理高校・ファンファーレ、早稲田実業・コンバットマーチ、

習志野高校・レッツゴー習志野など・・

普門館の勇姿も残りわずかとなります。ありがとう普門館・・

 

23日から開幕します、第91回選抜高等学校野球大会

本年の出場校にも全日本吹奏楽コンクール高校の部出場常連の習志野高校を筆頭に、

オリジナルの応援曲を演奏する智弁和歌山高校、東邦高校、星稜高校、広陵高校などと

別の切り口で応援に目を向けて観戦して頂きますと違った楽しみ方が広がると思います。

記事一覧

同じテーマの記事

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)