東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

Adobe AIの活躍!『In Design CC 2019新機能』

こんにちは、製版課 渡辺です。

12月下旬クリスマスも終わり今年もあとわずかです。

今月みなさん体調はいかがですか、

寒暖の差も激しく、また忘年会と

体に負担がかかる季節だとと思います。

体調を崩して年末年始を寝て過ごさないよう

体調管理には十分注意してください。

 

 

さて今回は【Adobe In Design CC 2019】の新機能を紹介したいと思います。

レイアウトの自動調整

ドキュメントのサイズを変更した時に、

ワンクリックで文字・画像・図形などを自動的に調整してくれます。

 

A4で作成したドキュメント

ファイルからドキュメント設定を開く

下部のレイアウト調整をクリック

レイアウト調整のウインドウが表示される

ページサイズを変更しオプションのフォントサイズを調整にチェックを入れてOK

B6のドキュメンで自動調整

作成途中でサイズ変更になった時や以前作成した物のサイズ変更にとても便利です

 

 

内容を自動認識に応じて合わせる

画像は、コンテンツの要素を維持したまま、自動的にサイズ変更し、位置合わせをしてくれます

まず環境設定の下部の

内容を自動認識に合わせるにチェックを入れます

下記の写真は

上がチェック有り がチェックなしで画像を張り込みした状態です

マスクに合わせて自動で縮小して画像の最適な部分をトリミングしてくれます。
従来の「縦横比に応じて合わせる」機能に
Adobeの人工知能「Adobe Sensei」が画像の内容を判断しているということです。

 

今回紹介した2つの新機能は制作時間の短縮に繋がると思います

是非、試してみてください。

 

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)