東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

パネルのごちゃごちゃが解消!『Illustrator 2018』

こんにちは、製版課 渡辺です。

4月中旬、春の嵐、風が強い日が続いています。

3月から花粉が飛び交い、マスク・メガネなど
色々な対策をしている人を多く見かけます。
日本人の花粉症の割合は4割を超えているそうです。

花粉が多い日などはあまり外に出たくありません、
そんな日は是非、部屋の整理をしてみてください。

今回は作業画面が整理され作業しやすい
『Illustrator 2018』のプロパティパネルを紹介します。

 

Illustratorで作業する中で色々なツールや作業パネルがあります。
用途によって使うパネルが異なり、

その都度パネルを出す人、前もって使いそうなパネルを出している人
さまざまだと思います。

プロパティパネルだけを表示していれば
作業内容によってパネルの内容が変わります

 

1.長方形ツールで図形を引けば

変形・塗り・線・不透明度など
図形に対して次に必要な項目が表示されます

 

2.文字ツールで文字を打てば

変形・塗り・線・不透明度・文字・段落などが表示されます

 

3.画像を配置すれば

リンク・埋め込み・マスク・画像トレースなどが表示されます

 

この様に用途によってプロパティパネルを表示するだけで、
沢山のパネルを表示しておかなくても

見た目にシンプルで分かりやすく作業ができるのです。

 

製版現場での作業効率アップは非常に重要で、
ツールの習熟度によって格段に変わってきますので、
今後も現場の声として「いいね!」と思う機能は
どんどん紹介していきたいと思います。

ぜひお試しください。

 

記事一覧

コメント[ コメント記入欄を表示 ]

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)