東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

仕上げにPP加工が入るときの色再現

今回は、印刷物の仕上げに、
PP(Poly-Propyleneフィルム)貼り加工がある時の色調補正についてのお話です。

 

PP加工は、書籍のカバー等で、
紙の擦れによる汚れ防止の為や、表面に艶のある光沢をつけて高級感を出すためにるためによく用いられます。

 

PP加工を行うと表面の平滑度が上がり
加工を行う前の仕上がりと比べて
ハイライトから中間調にかけて濃度が上がって見えてしまうので
とても注意が必要です

 

 

PP加工なし印刷物

PP加工有り印刷物

 

 

 

そこで今回、仕上がりをPP加工前の状態に
可能な限り近づけるためにPP加工をした印刷物から
ICCプロファイルを作成して色調補正を行ってみました。

 

 

プロファイル作成用印刷物

ICCプロファイルを使った色補正をした印刷物

 

 

比較のため、フォトショップで
PP加工のカーブ処理を行ったものとの比較になります。

 

 

PP加工なし印刷物

ICCプロファイルを使った色補正

PPカーブ処理した印刷物

PPカーブ処理の補正値

 

 

見た目では違いが良くわからないので
最終ジャッジはIT8チャートで処理後のデータを計測して
色差を出してみました。

⊿E値は数値が低いほど色差が少ないことを意味します。

 

 

IT8チャートを計測して比較

 

プロファイル補正の⊿値

PPカーブ補正の⊿値

 

 

上記の通り、結果は、
ICCプロファイルを使用した色調補正の勝利となりました。
平均⊿E値で3.24もあったんですね!

 

PP加工には、光沢感や深みが出て非常にいい面があるのですが、仕上がりのイメージをPP加工前の状態にしたい場合プロファイルによる色調補正は非常に有効で有ることがわかりました。

 

PP加工には、フィルムの種類(光沢、マット)や
厚みの違いがあるので今回、作ったプロファイルを使った結果が
全てのPP加工処理に使えるものではありませんが、

今後、少しずつバリエーションを増やしていく予定です。

 

PP加工処理後の色調補正に困ったら
是非東京平版にご相談ください。

(堅持)