東京平版のBLOG

  1. 東京平版TOP >
  2. 東京平版Blog

日本の美で涼をとりましょう

おはようございます!
今朝は空気が入れ替わったように爽やかで、徐々に秋の訪れが感じられますね。
暑さが落ち着いてくるのは嬉しいけれど、
夏の終わりはちょっと寂しい気持ちになりますよね~
とはいえ、もうしばらく厳しい残暑が続くと思われますが…

暑い夏を乗り切る方法は色々とありますが、
私はこの間、日本橋で開催している日本ならではのもので涼をとるイベントに行ってきました!
まずひとつめがこちらです。

三井記念美術館で開催されている、「大妖怪展ー鬼と妖怪それからゲゲゲー」展です。

こちらでは、能面・絵巻・浮世絵などに描かれた作品により、
日本の妖怪の歴史を中世から現代まで順を追ってたどることが出来ます。
「怖いものみたさ」という気持ちは今も昔も変わらないようですね。
おどろおどろしく描かれた幽霊や妖怪を見ていると、
調度いいくらいにひんやりします。
きっと昔の人も涼を求めて見ていたのでしょうね。
怖いだけでなくたのしい絵も沢山ありました!
列になって、練り歩く妖怪達は実に楽しげでかわいらしいと思いました。
私は沢山の百鬼夜行を見ることが出来たのが嬉しかったです。
水木しげる先生の原画も見られますし…
もう、日本の妖怪が好きな方は大満足できると思いますね!

ちなみに、私はホラー映画などは一切受け付けない程度の恐がりですが、
そこまでのレベルの怖さは求めないけれど、ちょっとだけ怖いもので涼をとりたい方にもおすすめです(笑)

そしてもうひとつの日本ならではの涼しいものとは
向かいの建物で行われている
「アートアクアリウム 2013」です。
こちらは毎年大盛況をおさめ、今年で第3回目となるイベントで
様々な種類の約5000匹の金魚を、
最新の光や映像の演出により水中アートとして魅せる展覧会です。

ひらひら優雅に水中を泳ぎ回る金魚と、鮮やかなライトアップは
幻想的で、儚げですごく涼しい気持ちになりますよ。
金魚って、本当に絵になる生き物ですね。

どちらも日本の美と涼しさを感じられる
とっても素敵なイベントなので是非おすすめです!

マメ知識として、アートアクアリウムに先に行ってから、
その半券を持って大妖怪展に行くと割引してもらえるので
アートアクアリウム→大妖怪展の順で行くのをお勧めします(笑)
(ちなみに私は無計画に行ったので、逆の順で行きました^^;)
あと、どちらも和装の人も割引対象になります。
街ぐるみで日本の和で盛り上げようとしているところも素敵ですよね!
皆様もぜひ、もうしばらく続く日本の夏を楽しんで下さい。

(D-Room 中根)