用 語 集


印刷用語「あ」印刷用語「か」印刷用語「さ」印刷用語「た」印刷用語「な」
印刷用語「は」印刷用語「ま」印刷用語「や」印刷用語「ら」印刷用語「わ」

印刷用語あ行

合紙(あいし)[laminated paper]
数量の確認を容易にするなどの目的で、印刷物の間に挟み込まれた紙。また印刷や製本の時に、裏うつりなどを防ぐ目的で間に挟む紙。「間紙(かんし)」とも言う。

アウトライン化[outline]
レイアウトソフトでフォントを使用し、入力した文字データをパスに変換し図形化すること。出力機によってフォント化け、文字ズレが発生しないため、フライヤーやチラシなどページ数、文字数が比較的少ない場合の入稿データに用いられる場合が多い。

赤字[correction]
校正刷りなどに書き込まれた訂正・修正の指示のこと。指示を書き込むことを「赤字を入れる」という。

赤字修正[correcting]
校正刷りの指示に従って、組版データを修正する作業。

当たり[position indicating line]
レイアウト上の指定で、図柄や文字などの位置や大きさ、太さなどを指示するための指定。位置を示す線を「当たり罫」といい。この「当たり罫」は印刷されない。

アート紙[art paper, art coated paper]
紙表面に顔料をつけ、均一になるように表面を処理し、艶をつけた印刷用紙。白色で表面が滑らかになるため、写真の再現性にすぐれ、高級印刷物などによく用いられる。

網点[halftone dot]
画像などの濃淡を表現するために用いられる微小点。面積の大小によって色の濃淡を表現する。

網撮り[screening]
色彩階調のある原稿を分解し、スキャナなどを用いて網点にする作業。

網版[halftone]
網点による階調を持った印刷板・フィルム原板の総称。

RGB[Red, Green, Blue violet]
光の3原色。Rは赤(red)、Gは緑(green)、Bは青(blue violet)を指す。

色合わせ[color matching]
印刷色を、基準となる色見本の色に近づけること。

色浮き[unbalanced color]
色かぶりより程度が軽いが、原稿に対して余分な色がかかっている状態を指す。

色かぶり[color fogged]
カラー印刷で、指定の色にならず、一定の色傾向を帯びてしまっていること。カラー写真原稿などで、色かぶりがあった場合、校正時はこれを極力補正するように指定する。

色校正[color proof]
カラーの印刷物の仕上がりを事前に確認する作業全般。または確認するための校正刷りを指す。

裏うつり[offset, set-off]
印刷が終わった物を積み重ねた時、インキが上の印刷物についてしまうこと。「裏よごれ[off-set]」とも言う。また、印刷した文字が紙の裏側から透けて見えることもこう呼ぶ。

A判[A size]
JISで定められている紙のサイズ。A6判の文庫サイズからA1の594×841mmまで6種類。A判のもともとの紙であるA列本判(A全判)は625×880mm。

エンボス・エンボス加工[blank stamping, blind embossing]
浮き出し・浮き出し加工。表面に凹凸がある用紙。凹状の型と凸状の型の間に紙を置き、圧を加えて紙を凸状に浮き上がらせる加工。

オフセット印刷[offset printing]
印刷版の印刷インキをブランケットなどの転写体に転移し、さらにこれを紙などに再転移する印刷方式。一般的には平版を使うことが多い。



印刷用語か行

解像度[resolution]
画像の細かさを表す単位で、1cm当たりに画素がどれだけ並んでいるかを表す。

加工[finishing]
印刷後に製品として仕上げるための作業。表面加工や製本加工などの総称。

型押し[embossing]
おす型、めす型を使用して厚紙などに凹凸を付けること。

型抜き[die cutting]
切刃およびケイ線で形成された抜き型で、圧力をかけて特定の形に打ち抜くこと。

カタログ[catalog(ue)]
商品の案内などの印刷物で、比較的ページ数の多いもの。

活版印刷[letterpress]
活字、写真凸版などを用いた凸版式の印刷方式。

紙目[paper grain]
用紙を製造する機械から流れ出る方向を「縦目」、それと直角の方向を「横目」という。パルプ繊維(セルロース)が流れの方向に並ぶことから。パルプ繊維を用いない合成紙や、手漉きの紙などには縦横がない。

カラー印刷[process color printing]
異なる色相をもつ2つ以上の印刷インキを用いる印刷。通常は、C(シアン)、M(マゼンダ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の4原色インキを用いたカラー原稿の印刷を指すことが多い。

空押し[blank stamping, blind stamping, blind embossing]
文字や模様の凹凸対の型をつくり、その間に紙を挟んで、熱と圧を加え、(本の表紙などの比較的厚い)紙に凹凸をつける加工。表側に当たる型に金や銀などの箔を貼り付けて紙に凹凸をつける加工を「はく(箔)押し[stamping]」という。

カラー分解[color separation]
原稿をC(シアン)、M(マゼンダ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の4色に分解することを指す。

カラーマネージメント[color management system]
ディスプレイ、入出力機器ごとの特性であるデバイスプロファイルを用意し、これに従って色空間を変換することで、ディスプレイ、入出力機器での色の整合性を図ること。

簡易校正[off-press proof]
校正機や印刷本機を使用せず、簡易校正機などによる校正刷りの総称。

完全データ入稿[entry of complete data]
入稿されたデータを印刷所で修正を行わず、そのままの状態でフィルムまたは刷版などに出力できる状態の組版・製版処理済みデータ入稿を指す。

観音折り[gatefold]
本の大きさよりも大きい紙を二つ折りにして折り込んである状態のもの。特に左右対称のものを「両観音」、片ペ−ジだけのものを「片観音」という。

カンプ[comprehensive layout]
企画の内容や印刷の仕上がりを具象的に表現したスケッチ。プレゼンテーション用の資料。

菊判[Kiku size]
A列本判よりやや大きいJIS規格外(旧規格)の原紙寸法。636×939mm。あるいは菊判原紙を16裁した寸法150×220mmを指す。

キャストコート[cast coated]
紙の表面にクレイなどを塗工し、乾燥する前に鏡面状の平滑なドラムでプレスするなどの方法で、高光沢を出した高級塗工紙。

斤量[M weight]
印刷用紙の重さの単位。全判1000枚を1連として、その重さをkg(キロ)で表示する。キロ数が少なくなれ  ば紙は薄いということになる。

グラビア印刷[gravure printing]
写真製版または機械彫刻による印刷版を用い、非画像部のインキをドクターブレードというナイフによってかき落として、くぼんだ画像部に残っているインキに印圧をかけて、紙などに転移させる凹版印刷方式。

軽量コート紙[lightweight coated paper]
上・中質紙に両面で15mg/m2程度の塗料を塗布した紙の総称。

下版[release of final films]
校了になった台を製版、印刷工程にまわすこと。

見当ズレ[out of register, register movement]
適正位置に印刷されないこと。

合紙(ごうし)[board lamination]
紙を貼り合わせること。

硬質塩ビ貼[rigid vinyl lamination]
塩化ビニールのシートに接着剤を塗布し、印刷物に熱圧着する加工。鏡面のような艶がでる。

校正[proof reading]
校正刷をチェックして、修正指示すること。

校了[final approval, OK press]
出版物を制作する最終工程。写真や文字に間違いがないかをチェックしていく作業で、校了のあとは印刷、製本作業へ 。

校了紙[OK sheet]
校正を完了して、その通り印刷すれば良いという合意を得た校正刷。

コート紙[machine coated paper]
紙の表面に顔料をつけ、機械で均一に表面処理をして艶をつけた印刷用紙。アート紙よりは顔料の量が少なく、印刷効果はアート紙に一歩譲る。値段もアート紙より安い。


印刷用語さ行

再校[second proof]
最初の校正刷り(初校)に対して修正などが発生し、修正箇所の確認が必要な場合に、あらためて刷り直す校正刷り。3度目の校正を「三校」、4度目の校正を「四校]」と言う。

刷版[press plate]
下版されたフィルムを焼き付けたPS版などの版。

CTP[computer to plate]
ダイレクト刷版。

上質紙[fine quality paper]
印刷用紙の内、JIS規格の印刷用紙Aに当たる紙。書籍の本文用紙によくみられる。

初校[first proof]
印刷物のレイアウトや色調を確認するための最初の校正刷り。

シルクスクリーン印刷[silk screen printing]
孔版印刷のひとつで、シルク(絹)やアクリル網目(スクリーン)を使い、インキを通さない部分の目をつぶしてインキの透過を加減して印刷する方式。

四六判[shiroku size]
洋紙のサイズのひとつ。788×1091mm

刷り出し[advance sheet,]
校了後、印刷をはじめたものの見本。印刷物の最終確認をするためのもの。

製版[plate making]
印刷版を作製する工程または操作。原板および印刷版を作製する工程または操作全般を指すこともある。

製本[binding, bookbinding]
印刷が終わった用紙(刷本)を折って綴じ、本に仕上げること。製本の種類には、「中綴じ」「平綴じ」「かがり綴じ(糸綴じ)」「無線綴じ」「並製本」「上製本」などがある。

責了[approved with correction, OK with correction]
印刷所などが責任を持って必要な訂正または変更を行うことを前提とした校了、またはそのことを指示する校正のサイン。直しの箇所が少ない場合、または作業の進行が切迫している場合に行われる。

全判[full size paper]
用紙サイズそのままの大きさの紙。半分にした紙を「半裁」、四分の一にした紙を「四裁」と言う。


印刷用語た行

台割り[pagination, foliation]
ページが多い場合にいくつかの版にページを分割すること。またページの構成を一覧できるサムネール。

裁ち落とし・裁ち代[cutting margin]
化粧裁ちで裁つ部分の寸法。普通は3mm。

裁ち切り[bleed]
写真、平網などが断裁時に断裁側に紙の生地色を出さずに印刷された状態のこと。

縦目[long grain]
枚葉紙の場合、紙の目が長辺に平行しているもの。「T」又は「T目」とも表記する。巻取紙で印刷した場合、刷本を枚葉紙状態に加工したときには紙の目が長辺に平行しているものを「縦目」と言う。

ダブルトーン[doubletone]
写真原稿などを4色分解せずに、2種のグラデーションの違う製版フィルムを得て2色のインキでそれぞれの版を刷り重ねる。

中質紙[groundwood contained paper, mechanical paper]
化学パルプと砕木パルプの混合比で化学パルプが70%以上の洋紙。表面の滑らかさや強度の点で上質紙に劣る。

束見本[dummy book, book proof]
本の束がどれくらいになるかを見て検討するため、実際に印刷する用紙で製本所につくってもらう見本。

デジタルプルーフ[digital proof]
デジタル情報から直接校正を作成するものの総称。

特色[special color]
標準色であるC(シアン)、M(マゼンダ)、Y(イエロー)、K(ブラック)以外の色。4色のプロセスインキのかけ合わせでは違ってしまう恐れのある色や表現しきれない色を特に調合してつくったインキ。薄色の他に様々な色彩の特色がある。

塗工紙[coated paper]
紙の表面にクレイを塗工した洋紙の総称。「コーテッド紙[coated paper]」とも言う。

とんぼ[register mark]
両面刷りまたは重ね刷りの際、見当を合わせるため、原稿または印刷板の余白部につける目印。


印刷用語な行

ニスびき[varnishing]
印刷物の表面に艶出し塗料を塗布し、光沢を出す加工の一種。

入稿[submission of a manuscript]
原稿を印刷所に渡すこと。

ネーム[name]
本文以外のキャプションなどの文章。
また本文を含んで印刷される文字すべてを指す場合もある。

濃度[density]
画像が光を吸収する程度を表す量。通常は常用対数で表す。

ノセ[multiplication]
写真、平網、ベタ刷り部分に文字、記号、飾りケイ、線画などを刷り重ねること。ブラックのベタ刷りで文字を刷り重ねる場合は,「文字スミノセ」と指定する。スミ文字は、普通、下色は取らないので,「スミ」とだけ指定する場合もある。かけ合せや特色のノセは、下色の上に刷り重ねるので、のせたインキの色とは違う色で仕上がることが多いので注意する。

ノンブル[page number]
ページ数を表わす番号。
英語でナンバーに当たる独語。


印刷用語は行

箔押し[stamping, blocking, hot stamping]
金箔や銀箔、アルミ箔などを押し付けて印刷すること。書名やマークなどに使われることが多い。

反射原稿[reflection copy]
反射光で見る原稿。写真印画・絵画・イラストなど。

パンフレット[pamphlet]
比較的ページ数の少ないページもの。

B判[B size]
JISで定められている紙の寸法。B6判(128×182mm)からB1(728×1030mm)の6種類。B判のもともとの紙であるB列本判(B全判)は765×1085mm。

PP貼り[film laminating]
ポリプロピレンフィルムに接着剤を塗布し、熱風乾燥した後、紙とフィルムを熱圧着して貼り合わせる加工。非常に光沢があり、同時に強度も増す。

表1〜4
本の表紙の呼び方で、表1[front cover, first cover(OFC)]はいわゆる表表紙。表2[inside front cover, second cover(IFC)]は表1を開いた裏側。表4[outside back cover(OBC)]は裏表紙で、その内側を表3[inside back cover(IBC)]と呼ぶ。

ブックレット[booklet]
小冊子。パンフレットよりも小型でページ数の少ない印刷物。

ペラ[leaf, single sheet]
ページ物でない、1枚印刷物のこと。

本紙校正[proof print on the actual stock]
印刷本紙を使用して校正刷りを作成すること。


印刷用語ま行

マットニスびき[matted varnishing]
紙の表面に艶消し塗料を塗布し、熱風乾燥させることで仕上げる表面加工。

マットPP貼り[matted film laminating]
マットポリプロピレンフィルムに接着剤を塗布し熱風乾燥した後、紙とフィルムを熱圧着して貼り合わせる表面加工。

無線とじ[perfect binding, adhesive binding]
本の中身を揃え、背の部分を切り落として接着剤で固める綴じ方。「無線綴じ」と表記してもよい。

モアレ[moire, screen crash, screen pattern]
点または線が幾何的に規則正しく分布されたものを重ね合わせるとき生じる干渉模様。

マスキング[masking]
カラ−原稿を色分解する工程で、原稿から種々の方法でとったマスクを利用して色調や階調の修整を写真的に行うこと。

マスク[mask]
写真製版の工程で、必要な部分だけ露光し、不要な部分を被覆するように切り抜いたり、オペークしたりしたカバーシートのことをいう。

見開き[spread]
本を開いたとき左右に並ぶ2ページ分のこと。

明度[luminosity]
色を表す三属性の一つで、明るさの度合い。視覚的な色の明るさ、暗さを表わす。黒(0)〜白(10)までの11段階がある。 明度0は無彩色で真っ暗になる。明るい赤、暗い赤といった表現が該当する。

面付け[field attachment]
1枚の印刷用紙に同じページ、同じ面を複数印刷できるように 刷版に焼付けること。印刷後、裁断して使う。2面付け、4面付け、8面付けなどと表現する。ページ物を印刷した折りをページ順に揃えるように 刷版を配置することもいう。


印刷用語や行

UVコート[UV coating]
紙の表面に紫外線(UV=ultra violet)硬化型の塗料を塗布し、紫外線を当てて硬化させる表面加工。光沢があり耐摩・耐熱・耐薬品性に優れる。

洋紙[paper]
西洋式の製紙方法で作られる紙。現在流通している紙の大半は洋紙。

横目[short grain]
枚葉紙の場合、紙の目が短辺に平行しているもの。Y又はY目とも表記する。巻取紙で印刷した場合、刷本を枚葉紙状態に加工したときには紙の目が短辺に平行しているものを「横目」と言う。

4色製版[four-colored plate-making]
カラー印刷をするためには、通常標準4色インクであるC(シアン)、M(マゼンダ)、Y(イエロー)、K(ブラック)に分けた印刷版(刷版)をつくることを指す。

4色分解[four color separation]
カラー原稿を4色印刷するのにC(シアン)、M(マゼンダ)、Y(イエロー)、K(ブラック)のネガ、あるいはポジ、 各版に色分解すること。また色数によって「2色分解」「3色分解」もある。


印刷用語ら行

RIP(りっぷ)[raster image processor]
文字コードとして入力されたテキスト情報やフォントファイル、組版情報をCRTやレーザプロッタ等で出力できるような1ページのイメージデータへ変換する処理機能、または装置をいう。

リバーサルフィルム[reversal film]
反転現像によってポジ像が得られるフィルム。ポジフィルム、カラーリバーサルなどとも呼ばれる。 現場では単にリバーサルと呼ぶことが多い。ビュワーの透過光で画像を見ることができ、印刷所のカラー印刷原稿として使われる。

リーフレット[leaflet]
1枚の印刷物。綴じられていない印刷物。

リライト[rewrite]
文章の内容を読みやすく書き直したり、原稿が読みにくい場合、清書する意味を含めて書き直すこと。

輪転印刷[rotation print]
印刷用紙も刷版も円筒状に巻きつけて、両者を回転させながら印刷する方式。大量部数を印刷する時は輪転印刷を行ない、巻取紙を使う。

レイアウト[layout]
文章や写真、イラスト、図版など各原稿を紙面にどう配置するかを決めて指定すること。
割付けと同じ意味で使われるが、ビジュアル中心に言う場合にはレイアウトと言われることが多い。

レタッチ[retouching]
印刷複製物の色・階調・キズなどを修正する目的で行う製版工程中の作業。


印刷用語わ行

ワイド判[wide size]
天地の長さがB5判の縦寸法(257 mm)、左右がA4判の横寸法(210 mm)で、AB判とも呼ばれる雑誌などのサイズ。
同=「AB判」

和紙[japanese paper, japanese art paper]
日本独特の製紙方法でつくられる紙。手漉きと機械抄きがある。


このサイトについて 東京平版WEBサイトマップ
(C)東京平版株式会社 TOKYOHEIHAN Co., Ltd. All right reserved.