1. 東京平版TOP >
  2. 校正TOP >
  3. 本機校正
次のコンテンツへ

あくまでも品質を追求するには、本機校正以外はありません

私たちが携わる仕事の中には、時として完成品に全くの妥協が許されない事があります。
平台校正機と本機との間で生じる色差。
どんなにカラーマッチングを図ろうとも、残念ながらインキ自体の違いと機械特性から生じる
2次色・3次色でのトラッピング値の差を完璧に解消する事は出来ません。
また、FMスクリーニングでは中間からシャドー域のドットゲインの管理が非常に難しいため、
平台校正と本刷りの間での誤差が生じてしまう事があります。
あくまでも品質を追求する場面では、私たちは本機校正を選択します。
もちろん本刷りも同じ機械で印刷するのが前提です。


東京平版株式会社岩戸町工場はJapan Color標準印刷認証 認定工場です。

東京平版の校正