1. 東京平版TOP >
  2. 製版TOP >
  3. フィルム出力・アナログ製版・フィルムスキャン
次のコンテンツへ

失われつつあるフィルム製版環境。
東京平版ではフィルム出力だけでなく
アナログ製版が、いまも健在です。

フィルム出力

フィルムセッターより、最大B全サイズまで出力可能です。

フィルムスキャン

デジタル時代だからこそ、置版・在版フィルムのデータ化をおすすめします。

今あるそのフィルムを最新のデジタル技術とレタッチ技術を駆使し、より復元性の高いデジタルデータとして再作成することも可能です。
製版フィルムを、ディスクリーニング、コピードットの適切な入力形式で取り込みをいたします。
取り込んだデータにデジタル加工を施すことで、より復元性の高い印刷データとして再現致します。
東京平版の在版フィルムのデータサービス『フィルムスキャン+(プラス)』は、単なるコピードットとは一線を画します。
詳しくは《特設サイト:フィルムスキャン+》をご覧ください。

ディスクリーニング
網点を連続階調で取り込みます。画像や平網に適しており、文字や線画は若干ぼけてしまいます。
コピードット
画像と文字の両方の取り込みが可能ですが、1Bit TIFF データとなるため取り込み後のゴミ取りや修正作業は出来ません。
東京平版の製版